こんばんは!Ginoです。

 

先日とある方とお話をしていて、これは絶対今伝えておかないとなという話があったので、今日はそれについて。

何かと言えば、

コロナによって、今後の日本人の働き方がどう変わっていくのか?

という話。

 

今までの働き方や仕事の価値観は、

今後どう考えても通用しなくなって、

変わっていきます。(変わらざるを得なくなります)

じゃあどう変わるのか?

 

ここ数日の世の中の動きから
未来予測的なお話をしていきます。

コロナで働き方はどう変わる?仕事の価値観の変化を予想してみた

まず最近行われているのが

「テレワーク」ですね。

ネットを使って家の中でも会議したり
打ち合わせが出来ます。

 

ネットの導入が意味するのは、

・スピードを早めることと
・コストの削減です

 

今までなら人によっては
1時間かけて会社に行ってたのが、
パソコンに電源をいれれば1分で出社できます。

出張に新幹線で
何時間もかけて行ってたのが
ネット通話で1時間で終わったりします。

 

これがネットのスピードがもたらす変化です。

 

そして、もうひとつの「コスト」の考え方が、もっと重要。

 

ネットってコストが減るんです。

 

昔は一人ひとりに電話してた営業も
今ではメルマガ配信スタンドとか使えば
数分で数千人のお客さんにメールが届きます。

LINEをポチッとすれば
数百人のお客さんに一斉にメッセージ
を送れます。

 

だからそんなに人自体がいらなくなるのです。

 

でももうネットが当たり前になって久しいのに、それでも会社の人員は減ってこなかったじゃん?

って思うかも知れません。

 

それは会社がネットを導入してなかったからです。

テレワークなんてやろうと思えば
10年前から出来たのです。

 

僕が高校生の頃からSkypeはありました。

でも慣習とか、
変化を嫌ったりとかで
結局導入はされてきませんでした。

 

そして今回のコロナを受けて、

「もう使うしかないか…めんどくさいな…」

ってなってようやく当たり前になりつつあります。

 

でも導入されたということは、

どういうことかと言うと「コスト」がかからないって事に経営者はみんな気づきます。

「あれ、もうこれでよくね?」

ってなる。

 

そして次は、

「あれ、そもそもこんなに社員いらなくね?」

「正社員雇用もそんなに必要なくね?」

ってなってきます。

 

これがわかりやすく説明したネットがもたらす変化ですね。

「AI」がもたらすのも同じで、

スピード早い、ミスしない、安い、

のでどんどん導入されます。

 

ユニクロのレジのように、
人がどんどん消えていきます。

 

そうなると、そもそも仕事の母数が減る。

クリエイティブな人とそうでない人との貧富の差が出る

という未来がもうすぐ間近まで来ているでしょう。

 

僕の予想では、

働き方も変わってきて、
いわゆる「正社員雇用」みたいなものは
そもそもなくなるか、
本当に優秀な人のみ雇われる。

 

そんな時代が来ると思います。

 

だって社員をたくさん雇うのは
固定費がとてつもなく発生するので
リスクであるということは、

今まさに苦しんでいる経営者全員が
共通して思っていることでしょう。

 

だから人に任せる必要がないことは
どんどんツールに置き換えられていきます。

つまりひとつの仕事に依存すると貧乏になる時代が来ます。

 

だから今のような
「正社員雇用」が大正義
という時代ではなく、

今後は、

会社と副業
バイトと自営業
会社をかけもち

という人が多くなっていくでしょう。

 

誰もが複数の仕事を当たり前のようにやっている

という時代になると思います。

 

だからこそいま「自分で稼ぐ」ことを学ぶのは、

時代にマッチしていると思うのです。

 

これらはコロナ以前から
言われていたことですが、

もう少しゆるやかに変化すると、
僕を含めみんな思っていたわけです。

 

でもコロナというイレギュラーの影響で
そのスパンが急激に短くなり
今後もものすごい速さで変化していくでしょう。

 

「まだ大丈夫でしょ。」

って思っていたらあっという間に時代に取り残されていた。

 

なんてことにならないように、自力で稼ぐ方法を、ぜひ今のうちに学んでほしいなと思います。

 

逆にこの状況もチャンスだと思えば
次の時代にものすごく活かせると思うのです。

知識をつけて行動に移せば
これからやってくるたくさん困難も
回避することが出来るでしょう。

 

3ヶ月後、半年後、
もっと世の中が悪くなってくる時、

 

その時初めて多くの人が

「こんなに日本やばかったんだ…」

と気付き始めます。

 

「やばい、そろそろ何か他の仕事も始めないと…」

と手遅れになってから動き始めます。

 

でもその時すでに

「スキルを持っている側」

になっていれば、

たくさんの人を助けながら
自分の事も助けることが出来る。

 

だから今のうちに予防接種をうって、備えてほしいのです。

 

これからやってくるコロナよりも
ある意味では遥かに破壊力がある経済の崩壊に備えて
ワクチンをいまのうちにうっておきましょう。

コロナには予防接種はまだありませんが、
金銭面の不安には自分の備え次第で準備ができます。

 

自然災害、不況など
コントロール出来ないことを
悩んでも仕方がないですが、

自分に力をつけて、
自分や大事な人を守ることは、
自分次第で出来ます。

 

なので、その足がかりとして、まずはリスクの低いネットビジネスはポジショントーク抜きでめちゃくちゃ優れてます。

 

「まだ大丈夫」

では絶対ありません。

 

「もう動き出さないとやばい」

ところまで来ています。

 

生き残るために学びましょう。

アフターコロナをサバイバルするためには?まっしーさんとのスペシャル対談音声

先日、私がいつもお世話になっている
先輩経営者の”まっしーさん”とお話する機会がありました。

 

まっしーさんとは
公私ともにお世話になっていて、

私がビジネスを始めてから
ずっと師事させていただいている師匠であり
最も信頼している方なのですが、

 

ネットビジネスで
結果を出し続けているだけなく、

・法人向けのコンサルして
ネットを使ったマーケティングを教えていたり

・コロナ渦中でピンチになった
姉が経営する飲食店をテコ入れして
常時以上に繁盛させたり

今では融資を受けて投資先を探していたりと、
幅広いビジネスで活躍されている方です。

 

実際にコロナの影響を受けている
お店に対してコンサルを行ったり
間近で現場を見ているまっしーさんに

 

せっかくの機会なので
最近ずっと気になっている

・今後の日本の経済の動向
・働き方や価値観の変化
・これからの時代、生き残るにはどうすればいいか?

という事について聞ききたいと思い、

 

「まっしーさん、今募集している企画のメールの中で、

読者さんにもぜひ今後日本がどう変わっていくのか?

をお伝えしていきたいので、

インタビューさせていただきませんか?」

とお願いしたところ、

 

「Ginoさんの読者さん向けになら、話しますよ!」

 

というありがたいお返事をいただく事ができました。

 

インタビュー音声では、

・日本の経済・働き方がどう変わっていくのか?

・どんなに不況でも生き残る人に備わっている4つの力

・情報に溢れている現代で、誰のどの情報を追えば良いのか?

・「80万円で広告してください。」と言われて、出来る人、出来ない人の違い

・情報の社会で求められる取捨選択の能力を養う方法

・0から結果を出したいと思っている人が短期間で結果を出すためにすべきこと

という話をしながら、アフターコロナの時代をどう生き残っていけばいいのか?

じっくり聞いてみました。

 

こちらが音声になります。

 

【まっしーさんとの対談音声・アフターコロナをサバイバルするための4つの力とは?】

・前編

・後編

感想もお待ちしております。

 

では!

おすすめ記事