【ビジネスに学歴・経歴、関係ない。】貧乏フリーターが日◯銀行の社員と一緒に作業するようになった話

 

どーも、Ginoです!

 

 

今日はビジネスで成功するのに学歴や経歴は一切関係ないというお話をしていきます。

 

 

Ginoは元々ただのフリーターでした。

 

普通の人と比べて金銭面でも経験でも優れている点なんてなかったです。

 

でもビジネスの世界はフェアで、

誰でも更地からスタートできるのです。

 

面白いことに僕はフリーター時代に「日◯銀行」の社員と

毎日いっしょに作業していたことがあります。

 

あの誰もが知ってる「日◯」です。

 

その人は自分と同じようにビジネスで独立を目指していて、

しかも3年くらい年下。

 

年下で日本有数の会社に勤める

 

「超エリートサラリーマン」

 

です。

 

ただのフリーターからすれば全く生きる世界が違う人。

 

のはずだったのですが、

 

後に彼と僕はライバルになるのです。

 

 

最初に彼と会ったのは「罰金作業会」でした。

 

物騒な名前だけど、

 

その日のノルマを決めて作業を達成できない人は場所代をすべて払うという

 

実際物騒な会だ。

 

 

師匠に誘われて、

 

正直「行きたくねえなあ…」

 

とビビりながらもについていった。

 

ビビってもとりあえず行くのが僕の信条なので。

 

 

そして彼もそこに来ていた。

 

(以後、彼をSと呼ぶ。)

 

「あ、こんちゃーす!はじめましてSです!」

 

みたいな軽いノリであいさつしてきた。

 

 

僕は当時相当コミュ障だったので、

 

「あ、こ、こんにちは!(震え声)」

 

とビビりながらあいさつした。

 

 

「(なんだこのさわやかな青年は。

 

陽キャっぽいし稼いでそうだし、

 

多分仲良くなれなさそうだな、まあいいか)」

 

みたいなコミュ障特有の相手を見てすぐ仲良くなれないと決めつける悪い癖を発動した。

 

 

その会場には他にも

月収200万円稼ぐ起業家や、

すでに自分の商品を販売してる若い起業家たちが勢揃いしていた。

 

そして物騒な会が始まり、みんな鬼のように作業を始めた。

 

僕もいつもの1.5倍の作業を何とかこなした。

 

途中で主催者の方が気を利かせてくれて、

 

「Ginoさん、どうすか?進んでますか?」

 

と声をかけてくれた。

 

稼いでる人って怖い人が多いのかと思ったけど、実際に良い人ばかりだった。

 

 

せっかく来たのに他の参加者と話さないのは

さすがにもったないと思い、

懇親会に行く途中でSさんに話しかけてみた。

 

「Sさんって普段どんな仕事してるんですか?」

 

「あ、僕は実は銀行で働いててー」

 

みたいな会話をしたのを覚えてますね。

 

 

で、後々話に聞いていくと

 

G 「そうなんですねー!」

 

G 「MUFJとかですか?」

 

S 「いや、日〇です。」

 

G 「ふぁ?!…………ふぁ!?」

 

と変な声が2回出た。

 

 

「本当にいるんですね、日銀の社員って実在するんですね」

 

とか意味わからんことを言ってしまったけど、

フリーターの分際で日銀社員に話しかけていいのかなって一瞬不安になった。笑

 

 

そしてビビりつつも、せっかくだからと、今してるビジネスの話とかした。

 

Sさんはアプリも作ってるらしくてそれを見せてくれたりした。

 

話してみると超やさしくて面白かった。

 

実は共通のアニメが好きだったりして話してて仲良くなった。

 

 

僕はこの時、人を見た目で判断するのはもうやめようと誓った。

 

こんなに良い人なのに仲良くなれないと決めつけていろんな可能性を自分で潰してたことに気づいた。

 

まじで最低だなって思ってその日の寝る前に少し落ち込んだので、

コミュ障特有の決めつけはその日以来、封印した。

 

 

Sさんは年下だけど器が広く、

自分のやってるビジネスの話にも興味持ってくれたので、

その会以降も情報交換することに。

 

そしたらいつの間にか、

いっしょに毎日zoom越しで作業するようになった。

 

年末も死ぬほど作業した。

毎日朝から晩まで作業した。

 

たまにお互いにセミナーしたり、

周りの人たちを巻き込んでみんなで作業した。

 

 

そしたらいつの間にか、お互いに月収100万円超えた。

 

そして1月1日という全く同じ日に、

 

彼は会社を、僕はバイトをやめて独立した。

 

 

そして、お互いに認めるライバルになった。

 

今ではいっしょ海外に遊びに行く仲にもなりました。

 

 

という話があるのですが、

 

何が言いたいかと言えば、

 

ビジネスで成功するのに、今までの学歴とか経歴とか全く関係ないのです。

 

 

どんな会社に勤めていようが、

どんな大学を出ていようが、

ビジネスの世界では最初は全員丸裸で更地からスタートです。

 

僕なんて性格ひねくれてまともな職歴すらないフリーターでした。

 

社会的に見ればカス同然。

 

でもそんなカスからでもひとつずつ学んで、

ひとつずつ自分のダメなところと向き合って、

行動してひとつずつ形にしていった。

 

そしたら「日◯」レベルの人と対等に向き合うことだって出来た。

フリーター時代になら考えられん。

 

別に学歴とか職歴で人を判断したり、大企業に働いてたら偉くて、フリーターが終ってると言いたいわけじゃなくて、今どんなに何もなくたって諦めなくていいってことですね。

 

ビジネスの世界では正しい知識入れて行動しなければ

 

どんなに高学歴でもエリートでも結果出ません。

 

逆に正しい知識さえあれば、あとは行動すれば経歴関係なく稼げる。

 

 

それって超希望ありますよね。

 

僕はフリーターしてたから就活詰んでると思ってたし、

就職の先に幸せを想像出来なかったから、

この世界を知ったときは救われた気分になりました。

 

今までの自分は関係ない。

これからの積み上げが人生を左右するって世界。

 

この世界に飛び込んだ時、

一度リセットボタン押した気分になりました。

 

変わりたいと思えば変われるし、

稼ぎたいと願えば稼げる世界に、

生きる希望が一気に湧いてきました。

 

 

稼ぐほどにすごい人ともたくさん出会えて刺激的だし、

その度に自分の小ささに気づきもっと上を目指したくなる

 

僕がやってたバイトの職場はこんなもわくわくする世界ではなかった。

 

自分含めですが、みんな自分のことしか考えなかった。

 

だからギスギスしてたし

毎日が同じことの繰り返しで

進歩も成長も進化もない毎日でした。

 

でも、起業してからは毎日が刺激的で楽しいです。

 

普通に生きてて億稼ぐ経営者とか

日銀の社員とか資産うん十億の投資家と

知り合えるかと言ったらなかなか難しいですから。

 

僕はフリーターのままだったら100%なかったですね。

 

断言できます。

 

 

あとビジネスの世界で成功してる人って

なんらかのコンプレックスがあったり、

過去に苦労した経験がある人の方が結果出したりします。

 

むしろエリート街道まっしぐらの人の方が

うまくいかなかったりするのです。

 

中卒の人とか普通にいますしね。

 

 

僕の生徒さんも全くビジネス経験ない人がほぼ100%です。

 

でもそこから本業より圧倒的に稼いでいきます。

 

なので自分に出来るかとか、今まで何やってきたかとかそういうの、考えなくて大丈夫です。

 

 

ビジネスはみんな、マサラタウンからスタート。

(マサラタウンわかんない方はアリアハンで。)

 

 

27歳フリーターの僕でも出来たので、

勇気を出して一歩踏み出してみてください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

僕はフリーター時代に起業して2年ちょいで累計3000万円の利益を出しました。

 

その全てがネットとパソコン1台で積み上げたものです。

 

何もない人間が1年以内にビジネスで結果を出していまい、数千万円単位のお金を稼ぐなんて、怪しいですよね。

 

でも僕は元々人と話すのも、自分の想いを伝えるのも苦手な人間でした。

 

文章も書けないし、何か資格を持ってたわけでもない。

 

フリーターだからお金もない。

 

でも学校の勉強のように、学び続ければだいたいのことはましになります。うまくなります。

 

ビジネスも同じです。

 

自信をつけて嫌いな自分を変えることも出来る。

 

どんな人でもちゃんと学べばお金だって稼げます。

 

↓僕時給800円フリーターから月収1200万円超えるまでの過程をLINEでは公開してます。

 

※オンライン講座はいつでも解除可能です

おすすめ記事